作業服の機能性や購入方法!ペットボトルも作業服に収納できる?


作業服を新調する時は、スタッフが快適な状態で仕事ができるように、機能性を確かめることが大切です。暑い時期に戸外で仕事をする場合は、水分補給が欠かせません。ペットボトルを携帯できる大きなポケットがついていれば、すぐに水分摂取ができます。

また、ペットボトルホルダーを使用する方法もおすすめです。これから、作業服について詳しく説明します。


作業服を新調するなら機能性が決め手

作業服を新調する予定があるなら、機能性に注目することがポイントです。スタッフが安心して働けるように、機能的な作業服を選びましょう。特に、電気を扱う現場は注意が必要です。感電は、火傷など外傷の原因になるからです。

火花が散って、引火することもあります。帯電防止の機能がついた作業服ならば、感電や引火による事故を予防できます。静電気を防げる作業服もあるので、必ず機能性について確認しましょう。ほかに、撥水性に優れた作業服も販売されています。

水をはじくので、作業服の中に浸透する心配がありません。そのために、体温の低下を防げるというメリットがあります。作業服を購入する時は、素材を確認することも大事です。夏季用の作業服は、ポリエステルや混紡など速乾性に優れた素材が適しています。

しかも、ポリエステルや混紡は軽い素材なので、動きやすいところが特徴的です。また、冬季用の作業服として、保温性が高い木綿が向いています。中には、ヒーテック素材を取り入れた作業服もあり、厳寒期に重宝されています。

尚、丈が長いロングコートタイプの防寒着を着用すれば、太ももまで覆うことができるので、体の熱を逃しません。警備など、戸外で働くことが多い職種にぴったりです。さらに、溶接など現場で火器を扱う職種では、防炎の機能がついた作業服にしましょう。

難燃性の素材を使用しているために、作業服への延焼を防ぐことができます。機能性を確かめて、スタッフの安全を守りましょう。

作業服は種類が多いから選択肢が豊富

作業服のトップスは、ジャケットやブルゾン、ジャンパーなど種類が多いです。ボトムスも、カーゴパンツやスラックスなどが販売されており、種類は豊富です。ただし、各作業服の特徴を把握しておくことが重要です。ジャケットは丈が長めですが、ブルゾンとジャンパーは短いです。

動きやすさなどを比較して、トップスを決めることが秘訣です。カーゴパンツはゆとりのあるデザインなので、生地が肌にまとわりつくことがありません。スラックスはスリムなシルエットで、脚を長く見せる効果があります。

スタッフの好みを考慮しながら、作業服を購入しましょう。ほかに、ポロシャツやベスト、Tシャツや雨合羽などのアイテムもあります。季節や天候に応じて、使い分けることがポイントです。真夏の対策として、ファンがついた空調服を導入する会社が増えています。

空調服の特徴は、ファンが風を送り出すことです。空調服の中を風が循環するので、体温を下げる効果があります。ファンは小型で、バッテリーのサイズも小さいために、仕事の妨げになることがありません。また、空調服は長袖だけではなく、半袖も販売されています。

仕事の内容によって、都合のいい方を選ぶことがコツです。尚、スタッフの安全性を高めたいなら、ヘルメットや安全靴などの小物をそろえましょう。高所で作業をしたり、重い物を運んだりする現場で重宝されます。さらに、作業服に反射テープをつければ、夜間に仕事をする場合でも、スタッフの身を守れます。

事故を抑制できるので、反射テープを用意しておくと便利です。

水分補給のためにペットボトルを携帯しよう

気温が高くなる現場では、水分補給が欠かせません。ペットボトルを携帯して、熱中症を予防しましょう。大きなポケットがついている作業服ならば、ペットボトルを収納することができます。暑いと感じたら、こまめに水分摂取をすることが大切です。

汗をかくと、体からミネラルが失われます。体調不良の原因になるので、十分に注意しましょう。スポーツドリンクや経口補水液ならば、失ったミネラルを補充できます。カフェインが入った飲み物は利尿作用があるので、ますます体内から水分が排出されます。

コーヒーや紅茶、緑茶などの飲み過ぎは避けましょう。尚、ペットボトルホルダーを購入すれば、ベルトにつけて持ち歩けます。保冷効果があるので、飲み物の温度をキープできます。

作業服は通信販売で買える

通信販売を利用すれば、手軽に作業服を購入することができます。通信販売のメリットは、会社のパソコンから申し込めるところです。見積もりも、パソコンから依頼することが可能です。見積もりは無料なので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

通信販売では、各メーカーの作業服を取り扱っています。気に入っているメーカーがあるなら、重点的に探してみることがコツです。また、上限と下限の金額を決めておけば、予算の範囲内で作業服を買えます。尚、5Lや6Lなどの大きいサイズも販売しているので、大柄なスタッフにぴったりなサイズが必ず見つかります。

レディースも扱っており、女性スタッフが所属している会社にも通信販売はおすすめです。

法人登録の特典を活用しよう

通信販売では法人登録をした会社に向けて、特典を用意しています。法人登録をすれば、無料でカタログを送付してもらえます。胸囲や袖丈などのサイズも明記されているので、作業服を選ぶ参考にしましょう。また、作業服のサンプルを無料でレンタルしています。

実際にサンプルをスタッフに試着してもらえば、着心地を確認できます。ただし、レンタルが可能なサンプルは限られているので、あらかじめ把握しておきましょう。気に入ったサンプルは、そのまま購入することが可能です。

ほかに、大口割引や後払いなどの特典があります。

作業服が届いたらチェックしたいこと

作業服が会社に届いたら、ただちにチェックしたいことがあります。それは、スタッフに渡して、サイズを確認してもらうことです。万が一、サイズが合わなかった場合は、すぐに通信販売に連絡しましょう。返品や交換に応じてもらえるからです。

ただし、期限が定められているので、迅速な行動が大事です。

快適な作業服を用意しよう

作業服を選ぶ場合は、機能性をチェックすることがポイントです。帯電防止がついた作業服なら、電気工事を行う現場でも安心です。また、真夏の対策として、ペットボトルを携帯しましょう。ペットボトルホルダーを使えば、いつでも持ち歩くことができます。

また、通信販売では有名メーカーの作業服も販売しており、品ぞろえは豊富です。